タイプと用途|シャッターの新たな可能性|見た目と機能性のコラボレーション

シャッターの新たな可能性|見た目と機能性のコラボレーション

男性と女性

タイプと用途

シャッター

様々な場面に

シャッターは家庭から工場まで幅広い範囲で利用されています。故障した時の修理対応はもちろん、新たにシャッターを取り付ける事も可能です。シャッター取り付けの際には、取り付ける間口がどの程度の大きさなのかを測る必要があります。取り付けるシャッターのサイズによって、値段が大きく変わってくる為です。また、手動にするか電動にするかによっても値段が大きく変わってきます。家庭のガレージにシャッターを取り付ける場合、手動よりも電動シャッターの方が10万円以上も高額になることがあります。より大きなサイズが必要とされる工場の搬入口などは更に値段が高額になる傾向があります。

豊富な種類と用途

取り付け出来るシャッターの種類にも様々な種類があります。軽量シャッター、重量シャッター、グリルシャッター、オーバードアといったタイプが存在します。軽量シャッターは、その名の通り軽量で手動でも開閉が可能なシャッターです。軽量であるため設置できる間口には制限が存在しています。重量シャッターは、防火性能を備えたシャッターのことで大型の施設や工場で利用されているシャッターです。中には防煙機能も備えたシャッターが存在しています。グリルシャッターは、店舗や家庭でも利用されているタイプのシャッターで、通常のシャッターだとシャッターの向こう側を見ることはできませんが、グリルシャッターはステンレスといった素材のパイプが格子状に配されている為、向こう側を見ることができます。ディスプレイ目的で店舗に設置される事が多いシャッターです。オーバードアは倉庫やガレージに利用されるタイプの物で、通常のシャッターはシャッターボックスにシャッターが収納されますが、オーバードアのタイプは天井内にドアパネルを収納する形になります。この様に様々なタイプのシャッターが存在しているため、場面や用途に合わせたシャッター選びが重要になってきます。